人間関係について-人間関係の悩み

人間関係のトラブルについて

人間と人間が一緒に生活していると、必ずどこかでずれが生じます。他人と自分は全く違う考え方を持っていますし、今まで送ってきた人生も全く異なるものです。そのため、この世に自分と全く同じ考えや価値観を持っている人間など存在しません。
しかし、中には他人は自分と同じだと考えたりする方もいらっしゃいます。そしてそういった考えが原因で、人間関係のトラブルに発展することがあります。人間関係のトラブルは、どちらかが一歩引いて譲ったり話し合ったりすることによって解決されるべきものです。しかし、できればそのトラブルを避けて通りたいと思っている方がほとんどではないでしょうか?

人間関係のトラブルを避けるためには、まずは自分が変わらなければなりません。人に期待をしすぎたため、それがストレスとなってトラブルに発展することがあります。また、逆に自分のイライラや人を受け入れないような態度によってトラブルを作り出す可能性もあります。
人に期待をするのは人間として当たり前ですし、感情に波があるのも仕方がないのかもしれません。しかし、それらを表に出しすぎたりすると必ず何らかのトラブルに巻き込まれます。感情を抑え過ぎてもストレスが溜まりますが、そのストレスは他人にぶつけるのではなく他のところで発散するようにしましょう。

自分なりのストレス解消法がわかっていれば、人間関係のトラブルを避けられるのではないでしょうか?人によってストレスを解消する方法は異なりますが、自分の好きなことに没頭する時間を作ったり体を動かしたりして、心の健康を保っていきましょう。

面倒な人間関係

人は1人で生きていくことができませんので、必ず誰かと関わることになります。しかし、他人と関わるということは人間関係を形成していくということです。人間関係を上手に作り上げていく方もいらっしゃいますが、逆にその人間関係が面倒だと感じる方も少なくないようです。
人間関係がストレスの原因になっているのだから、その人間関係をたってしまえばよいという考え方を持つ方もいらっしゃいます。確かにストレスの原因をなくしてしまえばストレスは溜まりませんので、合理的な考え方なのかもしれません。しかし、先ほども述べたように、人は1人で生きていくことはできないのです。

自分が1人で生きていこうと思っていたとしても、必ず他人が目に入ります。仕事は1人でできませんし、外を歩くと必ず他人を目にすることになります。孤独な時ほど、他人が楽しそうにしているとそれがうらやましくなってストレスが溜まっていきます。引きこもりがちになっている時ほど、他人と自分を比較してそれがストレスになってしまうのです。

人間として生まれた以上、人間関係をなくして生活することなどできません。そのため、人間関係が面倒だとしても必ず誰かと関わって生きてかなければならないのです。他人をありのまま受け入れることによって、人間関係を上手に作り上げていくことができるのではないでしょうか?
他人を受け入れるには、まずは人間関係が面倒だと思っている自分を受け入れる必要があります。自分を素直に受け入れることができれば、他人も同じように受け入れられるでしょう。面倒な人間関係かもしれませんが、上手に人と付き合っていきましょう。

人間関係が苦手な方

人付き合いが得意な方もいれば、逆に人間関係が苦手な方もいらっしゃいます。人間関係を作っていくのが得意な方は、自分から積極的に話しかけて打ち解けたりすることもできます。それでは人間関係が苦手だという方は、なぜ人と付き合うのが苦手なのでしょうか?
様々な理由があると思いますが、人と会話をすることに苦手意識を持っている方もいらっしゃれば、自分を出したり自己主張したりするのが苦手だという方もいらっしゃると思います。また、なぜ苦手なのかわからないという方も少なくないのではないでしょうか?

他人は自分を映す鏡だという表現がありますが、まさに苦手な人間関係に振り回される原因は自分にあります。人間関係が原因でストレスを感じている方は、それが自分で生み出しているストレスということに気が付きません。そして、人間関係のせいでストレスが溜まっているんだと考えるようになり、その結果人間関係が苦手になってしまうのです。

ストレスが溜まった状態で良い人間関係を形成しようとしても、うまく行かないことが多いようです。そのため、まずは自分のストレスを解消するところから始めましょう。ストレスを解消して心がすっきりとした状態で、今度は自分の考え方を変えていく必要があります。
他人と自分を比較することを止め、他人に過度の期待をするのをやめましょう。また、他人に対して好き嫌いの判断を下す必要はありません。他人は他人なんだという楽な気持ちで接することで、自然と人間関係が楽になっていくのではないかと思います。

Copyright(c)Office Subaru All Rights Reserved.